0からスタート!バイナリーオプションをはじめたい方

ローソク足の見方

ローソク足の見方

ローソク足はチャートを見るのであればその見方を絶対に覚えておきたい存在です。むしろこれの見方が分からないままではチャートを利用しても意味がないといってもいいでしょう。

ローソク足は四角い物体である実体と呼ばれる存在と、その実体に刺さっている一本の線のひげと呼ばれる存在で構築されるものです。このローソク足は時間帯ごとに一本表示され、これを見るだけでその時間帯の始値と終値、高値と安値を判断することができます。実体の一番上が終値、一番下が始値を表しており、ひげの一番上が高値、一番下が安値を表しています。

そして始値より終値が高ければ陽線で、逆に低ければ陰線と判断され実体の色でそれが表されます。色に関しては利用するチャートによって変わってきますが、基本的に陽線は赤か白、陰線は青か黒が多いです。しかし白が陰線という場合もあるため、そこは見るチャートによって気をつけましょう。

相場においては陽線が多ければ上昇、陰線が多ければ下降傾向と判断することができます。ローソク足は実体とひげの状態でこの先の動きを予想することもでき、一本ではなく複数の状態を見ればよりその分析も信用性があるものにすることができます。ローソク足の法則に関して調べておけば取引の判断の際に役に立つでしょう。

copyright(C)0からスタート!バイナリーオプションをはじめたい方